第87回「九州ECミーティング」勉強会

◇1部 【ヤンヤンのアメリカ訪問報告会~EC運営メインの中小企業は今後どうすべきか?】
◇2部 【増え続けるサイバー犯罪にどう対応するか】

1部:柳田敏正さん(柳田織物代表取締役)

【ヤンヤンのアメリカ訪問報告会~EC運営メインの中小企業は今後どうすべきか?】

日本の2年先を行くと言われているアメリカのEC市場。
そのアメリカのEC化率は8.2%(2016年)と日本の5.43%を大きく上回り、2018年度には10%に達するのではといわれています。
そのアメリカで圧倒的EC市場シェアを誇っているのがAmazon。なんと41%前後の市場シェアとなっているとのこと。
そのAmazonに対抗すべくアメリカの小売店はどう変化対応していっているのか?それを迎え撃つAmazonは何を行おうとしているのか。
実際にサンフランシスコ・シアトル・ニューヨークに足を運び、肌で感じたことをご報告します。
そして日本でECをメインに運営している中小企業はこれから何をしていくべきなのか?
私が現地でのお話を交えて、そして自分のビジネスを通じて思うところをお話しします!

(今回のお話が役に立つ人)
※Amazonに多少なりとも脅威を感じている方
※現状のEC中心の運営に閉塞感を感じていて、どうしていいかわからない方
※最新事例を知って刺激を受けたい方

■柳田敏正プロフィール
 
1971年生まれの47歳。

1999年に前職の (株)バーニーズジャパンを退社し、父が社長を務める創業1924年のシャツメーカー(株)柳田織物に入社。(BtoB100%の会社)
卸売の営業として従事するものの閉塞感を覚える。

2002年 前職の接客力を活かし、オリジナルのシャツを販売する自社ドメインのメーカー直販オンラインショップ『ozie』を開設。BtoCへ進出。
2006年に楽天、2008年にAmazon、2010年にYahoo!ショッピングといったモールに出店し、BtoCのシェアを着実に伸ばす。

2013年に代表取締役に就任。
その年末にBtoB(卸売)をほぼ全面撤退し、清澄白河から六本木一丁目にオフィスを移転。
2014年6月にオフィス併設でオープンしたショールームを使ってオムニチャネルを構築。
刻々と変化する市場に対応しつつ、現在に至る。

■柳田敏正プロフィール
ニックネームはヤンヤン

2部:福岡県警サイバー犯罪対策課野田様

最近のサイバー犯罪の被害状況・攻撃・犯罪の種類
ネットショップとして注意する点
など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です