第67回「九州ECミーティング」勉強会

◇目的を達成させるためのWeb配色入門+ワークショップ

【講義内容】
ウェブサイトにおいて、色の与える印象は非常に重要なものですが、色が果たす役割は、美しくより良い印象で見せることだけではありません。どのような色の組み合わせにすれば、伝えるたい内容をスムーズに伝えることができるか、商品やサービスを売ることができるかを考えて色を選ぶことが重要です。
色には「美しい」や「かわいらしい」など感情に訴えかける効果と、信号や蛇口の水とお湯などの情報を伝える効果があり、色の効果が適切かどうかも考えなければなりません。
この講座では、ウェブサイトにおける色彩の効果や役割の基本を学ぶ、好みやデザイナーの感覚だけの色選びから卒業して、配色のよしあしを客観的に判断できることを目標にしています。また覚えた知識を定着させるため、どのようにして実際のサイトに反映させることができるかの演習とワークショップを合わせて行います。

【講師】
坂本邦夫氏

1973年、大阪府東大阪市生まれ。関西大学文学部史学地理学科卒業。
2004年、色彩に関するノウハウをまとめたウェブサイト「基礎からわかるホームページの配色」を公開。以後、Web制作コンサルティングを主な業務としながら、書籍や雑誌などへの寄稿・セミナーなどで、ウェブにおける色彩環境の向上を使命として活動。日本色彩学会正会員。主な著書に『ウェブ配色 決める! チカラ – 問題を解決する色彩とコミュニケーション』(ワークスコーポレーション)、『ウェブ配色 コーディネートカタログ』(技術評論社)など。

ウェブサイト
http://www.color-fortuna.com/

書籍「ウェブ配色 決める! チカラ – 問題を解決する色彩とコミュニケーション」
http://www.amazon.co.jp/dp/486267139X

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です